山陽エンタープライズ
[ ホーム ] [ 上へ ]

 

 

ゲート式システム

 

駐輪場の入口・出口にゲート装置を設置し、

利用者の入出場や料金徴収管理を行います。

専用の駐輪施設や、区画された土地などへの導入に適しています。

 

 

 一時利用、定期利用の両方に対応します。

 車種判別装置(オプション)により、自転車、バイクの一時利用料金の自動切り分けが可能です。

 事前精算機に定期券更新機(オプション)や認証シール発行機能(オプション)を付加することのより、

  1台の精算機で一時利用と定期利用のの管理がすべて行えます。

 利用しやすい専用ゲート、混雑時間帯には開放モードでも運用可能。

 設置環境等により、ゲート装置の種類が選択できます。

・ 改札型(片方向通行専用、省スペースタイプ)

・ 改札型(双方向通行タイプ)

・ 門扉型

 

個別ロック式システム

 

各駐車エリアに個別ロック装置を設置し、1台ごとの利用管理を行います。

配置レイアウトが自由に行えるため、開放スペースや、細長い土地、

歩道や店舗周りなどへの導入に適しています。

 

 一時利用、定期利用の両方に対応します。

 集中精算機に定期更新機能(オプション)や認証シール発行機能(オプション)を付加することにより、1台

  精算機で一時利用と定期利用の管理がすべて行えます。

 利用車種や設置環境等により、ロック装置の種類が選択できます。

・ 自転車ロック装置(ショートラックタイプ、ロングラックタイプ)

  (多様な自転車が繁留可能、寸止め防止機能により不正利用が困難)

・ バイクロック装置(チェーンロックタイプ、ゲージタイプ)